• このエントリーをはてなブックマークに追加

小型で軽量!ロードセルの説明。

21世紀の現代では、あらゆる仕事において、高速化・高精度化を求められる時代になりました。それに伴いあらゆる業務において機械化が進み、今後もどんどん進歩していくでしょう。 同時に日進月歩で、センサーの開発・改良が進んでいます。その結果あらゆるセンサーが開発され現代のスピード社会を支えています。今回説明する「ロードセル」もその一つです。 力の入力を検知する「ロードセル」はそれを電気信号として、出力する事で正確な重さの計量や、加圧試験などの分野において、正確な数値を実現しあらゆる分野の研究や、商品開発・商品試験に役立っています。もちろん業務用・産業用の大型機器やロボットのようなものから、身近なものでは「体重計」まで、幅広く現代社会に普及しています。

導入するメリットとそれに伴うコスト。

現代では、コストダウンを図るために「効率的な大量生産」が求められる時代です。それと同時に「非常に洗練された高いクオリティ」と「確かな信頼性」も求められる時代になりました。 従って、これまで人の手と機械計りなどでやっていた「計量作業」もロードセルによって、機械的数値に置き換えるデジタル化する事で、データ収集や生産管理を効率化することが可能となります。デジタル計量の正確性はとても高く製品の信頼性の向上にも効果があります。 導入するコストもメーカーにより若干の差はあれど、基本的にはそれほど高くないこともあって、比較的に容易に導入でき、工場の効率化が図れます。構造や仕組みが異なる種類があり、扱う商品や利用目的にあわせ柔軟に対応できるのも利点の一つです。

高い汎用性があらゆる用途にマッチ

生産現場において商品の大きさや生産数量にかかわらず、計量は欠かせない作業です。従ってそれらの現場においての活躍が一番光る所となります。とても小型で、軽量なセンサーの為場所を限定しにくく、あらゆる商品や現場に対応できます。 計量分野だけでなく、電子測定機器に搭載されることもあり、高精度な測定技術が必要となる施設管理や検査業務においても活躍しています。また圧力を検知する性質上、安全管理においても利用されており従業員の安全作業を支える一つの材料となっています。 それぞれの用途に合わせて多くのメーカーからあらゆるバリエーションの物が発売されているために用途にあわせ適切な物を選ぶことが大切です。効率的なFA(ファクトリーオートメーション)の第一歩に導入してみる価値は大いに見込めるセンサーです。