• このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードセルを導入している事例について

ロードセルは荷重を測定できる機器です。可動性のある機械において過度な荷重がかかってしまうと故障を早めてしまうことになるので、荷重を測定して生産前に検出する必要があります。 例えば折りたたみのギミックを持つ携帯電話や辞書などの折りたためる部分の荷重を調べます。ここの荷重が大きすぎると故障してしまいやすくなり、荷重が小さすぎると上手く折りたたむことができません。そこで荷重測定を行う必要があります。 荷重が想定と大きく異なっているものは販売することができません。荷重管理装置を用いることで荷重を調整することも可能です。作業の効率化を考えるならば、調整装置を使用するのがおすすめです。そうでない場合でも不良品を生み出さないためにも荷重測定は非常に重要となります。

モーターの圧入値を測定する手法

DVDやブルーレイのレコーダーには様々な小型モーターが使用されています。モーターは製造工程で機器へ組み付けられており、その際にはメタルベアリングの圧入力が重要となります。そのため、ロードセルによって圧入力を測定しておくと不良品を検出することができます。 荷重管理装置付きのプレスを導入すれば、圧入力を判定するだけでなく過負荷を避けることできます。また、圧入値が不良品の場合は即座にブザーが作動するものもあります。 モーターの圧入値が正常でなければディスクにも大きな負担がかかってしまいます。その問題を発生させないためにも荷重測定は非常に重要です。ベアリングメーカーにスラスト方向の負荷に対する保証値が圧入力よりも大きくなっているケースもあります。正確に計測することが大切です。

ファンモータを安定的に生産する

OA機器の多くは熱に弱いという性質があります。一方で電気を使用して稼働している以上、熱の発生を避けることは困難です。そこで設置されているのがファンモータです。このファンが回転することによって、放熱することを可能にしています。 ファンモータはプレス機にて圧入を行います。この圧入の加減は難しく、樹脂ケースを壊してしまうというケースもあります。 そこで荷重管理装置を導入することをお勧めします。荷重管理装置を使用すれば圧力をロードセルにて計測することができます。これにより、力がかかりすぎると壊れてしまうようなものでも安定的な圧力をかけることができます。高精度な品質管理や計測には非常に有効です。不良品を生み出さないためだけでなく、スムーズな生産にも有効です。